おじ様と色白ちゃんの言えない恋愛

18歳差カップル♡
おじ様と色白ちゃんの誰にも言えない恋について綴ろうと思います。
もう、人を好きになるとは思っていなかったのに。

誕生日

この前1日早く誕生日を祝ってもらいました(^^)


彼は仕事が終わった後、用事を済ませ、寝ずに時間を作ってくれました♪


私が食べたいものを食べに行こう!ということで、もんじゃを食べに行きました♪


高校生以来、そのお店にもんじゃを食べに行き、自分で作るのも久々だから、彼に作ってもらいました♡


私:作り方よく分かんな〜い。作って♡

彼:てごーせーよ(手伝えよという意味)

私:はいっ!


彼が作ってくれるのを、じーっと見てました♡

なんだかキュンキュンした♡


おいしいね、おいしいねって食べて、2つ目のもんじゃを作っていたら、具のタコが私の方へ飛んできました!


彼:おぅ!ごめん!おじさん雑だから!

私:(笑)そういう事もあるよ!でもどこに飛んだかな?ない(笑)

彼:ズボンは?

私:えー?ないよ〜?

彼:ちゃんと見て!カバンの中から出てくるかもよ(笑)

私:やだぁ(笑)あっ!あった!下に落ちてた!


ってクスクス私が笑ってたら、彼がまたそうやっておじさんをバカにしてと。

バカにしてるんじゃなくて、可愛いからさって言うと、たまにこういうバカなことするんよなと。


私:例えば?

彼:うっかり道間違えるとか。あと服脱ごうと思ったら、ボタン外してなくて脱げんかったとか

私:それ私もさっき見て思った(笑)

彼:そうそう(笑)


何とも彼は可愛いのです(笑)


で、もんじゃ2種類食べて、お腹いっぱいじゃないけど、もうここのお店は出よっかってなり、とりあえずお部屋に♪


お部屋でゆっくりして、お風呂入って、今日は帰ってすぐ寝れるように、メイクも落としてシャンプーもしてお風呂を出ました。

古いホテルで、ドライヤーが古いので、なかなか乾きそうにないと彼に言うと、どれどれ見せてと。

すると、



彼:ドライヤー持っとけ。(バスタオルで私の髪を拭いてくれた)

私:うん。すごい髪の量でなかなか乾きそうにないじゃろ?

彼:うん、大丈夫。ドライヤー

私:乾かしてくれるわけ?優しい♡(笑)

彼:なんか乾かしてる姿みたら、可愛かったから(笑)


もう今日1日すごく幸せで、最高の誕生日プレゼントでした♡



帰りに、お腹空かない?って聞いたら、空いてる、なんかこの辺で食べて帰るかと。


結局ラーメン食べようってなったけど、お店しまってて、結局そのお店の違う店舗へ。


車の後部座席からひょっこり顔を出して話してたけど、お腹は減ってるのに、なんだか胃が張ってて、しんどくなってきたから、椅子にもたれ掛かったら、眠いの?と。

いやちょっと胃が張っててしんどくなったら困るなぁって言うと、


彼:もう!ゆっくり座っとき!だめだよ!しんどくなったら!

私:大丈夫大丈夫!


そこからちょっと無言でいると、彼がルームミラーで後ろをちょこちょこ確認してるから、起きてるよ♡と言うと、寝とってもええぞと。

彼は24時間以上起きてるのに、寝れるわけがない!


お店につき、ラーメン食べて、彼は唐揚げも食べ、私にも食べなさいと。

でも寝る前だし胃が痛くなったら嫌だから、その彼が食べているかじりかけちょうだいと言ったら、えー!?こんなんでいいの?って分けてもらったら、もんじゃで火傷した口だから、熱くて、熱いって言うと、それで熱いんかと。

いや、もんじゃで火傷して水膨れが出来たのが弾けちゃったからかなと言うと、なんで言わんのん!?教えてよ!と(笑)

優しいなぁ(笑)



食べて飛ばして帰ってくれて、バイバイ。

本当に最高の誕生日だった♡

今までこんなに幸せ♡って思った誕生日はなかったのではないかな(*^_^*)


いっぱい♡いっぱい愛してる♡♡♡

カニ第2弾

前回のカニは集中して食べられなかったということで、またしてもカニを食べに行ってきました!


今回は前回行ったお店とは別のお店へ。


私:よし!今日はいっぱい食べよう!

彼:うん!

私:個室は予約いっぱいって平日なのにね〜

彼:そうじゃね〜。車も多いなぁ、流行っとるなぁ


なんて会話しながらお店の中へ入り、通された席は、半個室な感じでした♡


私:これなら個室じゃなくていいよなぁ♪

彼:うん、これならええなぁ♪

わしこれにする!


食べる気満々です!


まずはカニを一生懸命食べて、落ち着いたら、彼が仕事の話を。

この4月から色々と体制が変わるみたいで大変なんだと話してくれた。

日頃そんなに彼の仕事の話で長いこと話すことはないが、今日は彼の仕事の話がメイン

いつも聞いてもらってばかりだから、彼が話してくれると嬉しい♡


おなかいっぱいになり、いつものホテルに行くか、それとも新しいホテルに行くか悩み...


彼:新しいあのホテルに行きたいけど、ちょっと遠いし、でも新しいホテルには試したいことも出来るし...でも長いこと一緒にゆっくりしたいし...


相当悩んでいる(笑)


私はどっちでもいいよ♡

好きな方にしてと言うと、結局いつものホテルへ


ホテルで彼の肩をマッサージしてあげてると、


彼:ふとこの前、最近お前は大人になったなぁと思って。

私:え?なんで?

彼:付き合い始めの頃は、グジグジ気持ちが弱って、あーでもないこーでもないって話をしたなと思って。

私:あぁ(笑)そうだね(笑)

彼:我慢さしょんかなって。

私:そりゃ我慢もするけど、前みたいな弱い気持ちになることは無いかな

彼:ふーん...すりガラスの心になってきたか

私:いやすぐ割れるけど(笑)

彼:まだまだ鍛えてやらんといけんか(笑)

私:いや遠慮しておきます(笑)


たしかに彼が言うように、あんまり彼にグジグジ弱音を吐いたりしない。

ほんとに好きなの?ずーっと一緒ってほんとなの?とか(;^_^A


きっとそれは彼が毎日連絡を欠かさずくれたり、休みをずらしてくれたりして、私ち寂しい思いをさせないでいてくれるからだと思う。


いつも感謝です♡

これからもずーっと一緒にいようね♡

大好きです♡

色気

念願のカニを2人で食べに行きました(^^)


なかなか仕事がお互い忙しくて、ゆっくり食事に行けないね…と、年が明けてから言っていて、何とか食事に行ける日を計画し、やっとその日がやって来ました(*^_^*)


私が電話で、彼の名前で予約♡

なんか嬉しい♡

夫婦になったみたいで、ちょっと恥ずかしい(笑)


彼は仕事終わりで、眠そう(×_×)

いつも仕事終わりに会ってくれてるから申し訳ない(×_×)


カニを食べてると、彼が掘りごたつの下から、私の足をツンツンして、


私:どしたの?

彼:早く2人になりたい

私:2人だよ(←個室なので)

彼:違うよ〜

私:あ〜!(笑)そういうこと?

彼:そういうこと。カニに集中できない(笑)


何となくカニに満足したような、してないようなで、お店をあとに。


お部屋に着いて、いつものようにくっつく♡

やっぱり安心する♡

長いことこの日を待ってたのに、あっという間に終わってしまって、なんだか寂しい(×_×)


次の日会社であった時にお礼を言いに行ったら


彼:昨日帰って、カニ食べて〜ってなった

私:食べたのに?

彼:眠いのもあったし、早く2人になりたいっていうので、カニに集中できなかった。誰かが超色気出てたから。

私:私のせい?(笑)また行こうね♡私ももっと食べたかった。なんかちょっと我慢したから(笑)でも忙しい日が続くから行けないでしょ?

彼:いや行く!


彼は家族と行こうと思ってるのか、それとも私と行こうと思ってるのか、よく分からなかった。


それから1週間ほどしてまた彼がカニを食べたいと言い出しました(;^_^A

あまりに言うから、きっと私と行こうと思ってるのか?


彼:カニを調べたんだけど、この前の店より、ここの店のが最近人気みたいなんだ

私:へー!忙しいのに無理でしょ?来週なら休み合うかなとか思ったり...

彼:ちょっと調整しようかと。あとからシフト考える(^^)


やったぁ♡

またゆっくり会えるかも(*^_^*)

嬉しすぎる♡


また仕事頑張れそう♡


次はちゃんと集中してカニを食べよう!